パソコン廃棄で個人情報が流出することを防ぐためには、当然ですが正しいやり方でパソコンを捨てなければなりません。
ただ、あまりパソコンに詳しくない人は、どうすれば防げるのか分からない人も多いかもしれません。

■詳しくない人は自分だけやらない
よっぽどパソコンに詳しい人であれば、自分だけでパソコン処分をしても問題ないかもしれません。しかしそうでない人は、自分だけで全てをやろうとすると、ほぼ間違いなく問題点が生じてしまいます。

パソコンを触る男性

それがきっかけで個人情報が漏れる可能性もあるわけですから、安易に自分一人でやろうとしてはいけないのです。

■できる範囲のことを自分で行う
例えば、パソコンの初期化ぐらいであれば、少し調べれば自分でもできるはずです。他にも、ソフトの使用なども大して難しいことではありませんから、できる範囲のことを自分で行うようにしましょう。

そして、それ以上の難しい部分に関しては、専門業者やメーカーに任せた方がいいわけです。

■詳しい人に教えてもらう
専門業者やメーカー以外にも、身近にパソコン廃棄のことに詳しい人がいるのであれば、色々と教えてもらうといいでしょう。

あるいは、ネットの方を活用して聞いてみてもいいでしょうし、とにかく分からないことは教えてもらうに尽きるのです。もちろん、その方法が絶対に正しいと言えるかは分かりませんし、そもそも人によって適したパソコン処分のやり方も違うわけです。

そのため、自分でもしっかり考えながらパソコンを捨てることも大事ですが、そのためにも知識や情報を得ておく必要があるのです。

■万全の状態になるまでは捨てないようにする
不要なパソコンや壊れたパソコンは、正直邪魔になるかもしれませんし、デスクトップPCだと場所も取るかもしれません。ただ、やはり万全の状態で捨てられるまでは、たとえ邪魔になっても捨てないようにするべきなのです。