もし間違った方法でパソコン廃棄をしてしまうと、一体どのような情報が漏れてしまうのでしょうか。もちろん、どの程度パソコンを利用していたかにもよりますが、パソコン処分による特に多い個人情報の流出について紹介をしていきます。

■自分に関する情報
自分の本名であったり、住所や電話番号、他に勤務先や家族構成といった、自分に関する情報が漏れてしまうケースは非常に多いです。

例えば、ネットで何らかの申し込みや買い物をする際には、そういった情報を入力することになるわけですから、ほとんどの人に当てはまると思われます。

■カードや銀行口座などの重要情報
また、クレジットカードであったり、銀行口座といった重要情報が流出することも多いです。ネットでショッピングをしたり、あるいはサービスを利用したりする時に、カードで支払いをしている人はかなり多いと思います。

さらに、近年ではネットバンクが普及をしているわけですから、情報が漏れれば簡単に銀行口座を知られてしまうことになるのです。

■SNSなどの登録サイトも知られてしまう
さらに、パソコンで利用しているメールアドレスや、登録しているSNSなども知られてしまう可能性もあります。特に、SNSのIDやパスワードを、自動的に入力する仕組みにしていた場合は、いつも簡単に不正ログインをされてしまうのです。

ハッカーに狙われる

もちろんSNSだけに限らず、他の様々な登録サイトにも勝手にログインされる可能性もあるわけです。

■削除したファイルも簡単に復旧できてしまう
あとは、ただ普通にファイルを削除するだけだと、簡単に復旧ができてしまうわけですから、ファイルに保存しているデータも丸ごと知られてしまうケースもあるのです。

写真や動画、仕事で使用するデータなども、簡単に悪用されてしまいかねないのです。