パソコンのことをほどんと知らない人は、パソコン処分をする時にそのまま捨ててしまう人もいたりします。しかし、それは極めて危険なことですし、相当なリスクを伴うことになるのです。

■個人情報満載のパソコンを捨てることになる
何もせずそのままパソコン廃棄をすることは、個人情報満載の状態で捨てることになるのです。例えるなら、免許証やクレジットカードや住民票などを、その辺のゴミ箱に捨てるのと同じ行為だと言えるのです。

そのような行為が危ないことは誰でも分かることですが、パソコンの場合はそれが分からない人もいるわけです。

■あらゆる情報を知られてしまう可能性も

PCの基盤を触っている

パソコンを安易に捨ててしまったことにより、あらゆる情報を知られてしまう可能性もあるのです。本名、住所、勤務先、カード番号といった、いろんな情報を第三者に知られてしまい、悪用される危険性もあるわけです。

それを考えれば、そのままパソコン処分をすることが、どれだけ危険なことか分かると思います。

■自分だけは大丈夫だと過信しない
もちろん、そのままパソコン廃棄をしたとしても、特に問題が起こらないこともあるでしょうし、実際のところ被害に遭う確率もそこまで高くはないかもしれません。

でも、だからと言って自分だけは大丈夫だと過信してしまうと、それが命取りになりかねないのです。もちろん、これはどういった物事にも言えることですが、パソコンの場合は特にそういった気持ちになってしまいがちです。

被害に遭ってからは遅いですから、くれぐれも過信をしないようにしましょう。

■決して難しい技術を要するわけではない
だからこそ、正しくパソコンを捨てなければならないわけですが、決して難しい技術を要するわけではありません。ネットで調べればやり方はいくらでも見つかりますし、専門業者に依頼する選択肢もあるわけですから、決してハードルが高いことではないのです。